ドクター紹介

 

All-on-4 CLINICの確かな実力と技術を兼ね備えたドクターをご紹介します。

ドクター 橋村 吾郎

Dentist. Goro

インプラント症例実績多数

2001年にインプラント治療を開始。インプラント治療、審美治療、咬合治療に力を注ぐ。

2009年にオーキッド歯科クリニックの開業に合わせオールオン4治療を開始。Dt・志田氏と共に独自のテクニックとノウハウを構築。不可能を可能にするDr.GOROの確かな治療技術を求め、海外から来院を希望する患者も多い。

日々進化するインプラント治療技術を積極的に取り入れ、さらに改良を加え成果をあげるのがDr. GORO流。また、自らも時代の先駆けとなり、新たなシステムや治療技術の提案を積極的に行う。

誰も師と仰がない、誰にも従事しない、どの技術にも染まらない。

経験とセンスがものをいう歯科医療の世界で海外の数多くのエキスパートから技術を学び、ひたすら臨床に向き合ってきたDr.GOROがここ銀座で、熟練した技術を駆使したインプラント治療を提供する。

ドクター橋村の写真

橋村院長は、世界で最も歴史と実績のあるインプラントメーカー・ノーベルバイオケア社の数少ない公認インストラクターとして、日本の歯科業界をリードする1人。

ドクター橋村の写真

2001年にインプラント治療を開始して以来、審美治療、咬合治療に力を注ぐ。不可能を可能にするDr.GOROの確かな治療技術を求め、海外から来院を希望する方も多くいらっしゃいます。

経歴
2000年 神奈川歯科大学卒業
2001年 開業 〜インプラント治療スタート〜
2001年〜2008年医療法人 仁永会
2009年 オーキッド歯科クリニック 開業
〜All-on-4治療スタート〜
2009年 オーキッド歯科クリニック綱島 開院
Premium Implant Center
2011年 医療法人ODC 設立
2011年 オーキッド歯科クリニック高津 開院
2013年 オーキッド歯科クリニック南大沢 開院
2016年 All-on-4 CLINIC を銀座に開院
2017年 Studyグループ DOUBLE TOKYO 主宰
2019年 日本歯科医療評価機構 インプラント認定医

ドクター 北見 遼二

Dentist. Kitami

数多くのインプラント難症例を経験

私は,大学病院のインプラント科にてインプラント治療の経験を積み.多くの難症例の患者様と向き合って参りました。

残念ながら歯を失ってしまった方や,残す事ができないと言われてしまった方に、もう一度おいしく食事を楽しむ事が出来、笑顔で生活して頂ける様にサポートをするのが私の役割だと思っております。

大学病院で、インプラントについて培った技術を活かすと共に、インプラント治療以外の一般歯科も幅広く対応致しますので、お困りの事や治療に対する不安や質問等、何でもお気軽にお声掛けください。

経歴
2013年 日本大学 歯学部 歯学科 卒業
2013年 横須賀共済病院 歯科口腔外科
2014年 横須賀市開業医に入社
2016年 神奈川歯科大学 顎・口腔インプラント科 入局
2021年 神奈川歯科大学 顎・口腔インプラント科 退局
所属・学会発表
所属 神奈川歯科大学 顎顔面病態診断治療学講座
所属
神奈川歯科大学附属病院 顎・口腔インプラント科
日本口腔インプラント学会 所属
顎顔面インプラント学会 所属
学会発表 抜歯窩の治癒に関するCBCTを用いた
3次元的検討
日本口腔インプラント学会 2017
優秀研究発表
抜歯窩の治癒に影響を及ぼす因子に
ついての多変量解析を用いた検討
日本口腔インプラント学会 2018
優秀研究発表
顎骨再建後に口腔衛生及び修理に対応した
インプラント上部構造を作製した1例
顎顔面インプラント学会 2016
上顎側切歯にルートメンブレンテクニックを用いて
抜歯即時埋入を行った1例
顎顔面インプラント学会 2019

インプラント治療に絶対の自信があります。

私たちが目指すのは、安心・安全で、長期に渡って美しく機能するインプラント治療 です。

■ 前歯を美しくキレイに仕上げたい
■ 絶対に失敗したくない
■ 安いインプラントは不安なので、実績で選びたい
■ 他医院で難しいと言われたインプラントが可能か相談したい

そんな患者様には必ず満足していただく自信があります。一方で、簡単なインプラントを安く、という方は他医院をお勧めします。

決して格安ではありませんが、納得のいく適正な価格で最善を尽くします。まずは、お気軽にメール相談へ相談にいらして下さい。

全体的なインプラント治療

前歯のインプラントではなく、全体的なインプラントをお考えの方、総入れ歯は嫌、、という方のための特設サイトをご用意しました。合わせてご覧下さい。

 

STUDY GROUP DOUBLE TOKYO 主宰

2018年9月、歯科技工士の志田とともに、患者を幸せにできる次世代のインプラント治療を追求する、DOUBLE TOKYO を結成。歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士によるチーム医療を前提とし、インプラント治療にとどまらず、包括的な歯科医療を提供できる歯科医師を育成しています。

Double Tokyoの活動

Nobel Biocare "デジタル・インプラント・ベーシック” in Nobel Biocare Japan
(2020.12.12-13SAT-SUN)

スタディグループLSGP "患者満足度の高いインプラント治療” in Kobe
(2020.10.11SUN)

Nobel Biocare ”満足度の高い審美・All-on-4 治療/デジタルソリューションの臨床応用” in Nobel Biocare Japan (Gotenyama Trust Tower)(2019.7.7SUN)

Straumann FORUM 2019 in TOKYO INTERNATIONAL FORUM
東京国際フォーラム(2019.5.18SAT 〜19SUN)

GUIDED SURGERY LIVE OPE SEMINAR ”All-on-4 × NOBEL GUIDE” co-sponsored by WHITE CROSS / NOBEL BIOCARE(2019.4.6SAT)

出演講演会

2021年 * スクロールしてご確認いただけます

  • 4/18 X-Guide®ライブオぺ
  • 7/4 X-Guide®ライブオぺ

2020年

  • 10/11 神戸セミナー
  • 12/12-12/13 ノーベルセミナー

2019年

  • 1/21 台湾ライブオペ
  • 1/22 台湾ライブオペ
  • 2/17 神戸セミナー
  • 4/6 ホワイトクロス ライブオペ
  • 5/19 ストローマンフォーラム
  • 6/23 ストローマン北海道
  • 7/2 ノーベルセミナー
  • 7/7 ノーベルセミナー
  • 9/22 日本インプラント学会講演
  • 11/3 iACD講演
  • 11/23 大信貿易講演
  • 12/14 Pada 1講演

QDT 掲載論文紹介

QDT別冊 The Japanese Journal of Esthetic Dentistry

日本発・世界を牽引する最高審美症例の論文に、院長のDr.GOROが掲載されました。

審美的なボーンアンカードブリッジの症例として大きく取り上げられました。本誌では、患者様が望むエステティックを満たすために必要な、診査診断から外科治療、最終補綴までのワークフローおよび、デジタル介入のポイント、チームアプローチ等について詳細に説明されています。

興味がある方はぜひ一度ご一読ください。

掲載された症例を見る

Quintessence DENTAL Implantology

インプラントを臨床に生かすための専門誌に、院長のDr.GOROが掲載されました。

日本国内のみならず世界の最新インプラント事情を提供し続けているのが、「Quintessence」出版のこの雑誌です。これからインプラント治療を始める、あるいはインプラント治療をレベルアップさせたい臨床家・研究者、必読の一冊ですので、興味がある方はぜひ一度ご一読ください。

上顎4前歯に対しての単冠のインプラントを用いて治療を行った症例が本誌には掲載されています。

掲載雑誌を詳しく見る

 

別冊 The Quintessence インプラントYEARBOOK2020

Sakura ジルコニアディスクを用いた審美症例に、
院長のDr.GOROが掲載されました。

日本国内のみならず世界の最新インプラント事情を提供し続けているのが、「Quintessence」出版の別冊です。「可能な限り少なくない来院回数」と「可能な限り短い治療期間」で、少しでも患者様ストレス軽減と、適切な治療を心掛けている院長の思いと、具体的な症例が掲載されています。
興味がある方はぜひ一度ご一読ください。

Sakura ジルコニアディスクを用いた症例が2件掲載されています。

掲載雑誌を詳しく見る

 

学会・講演会での症例発表と Liveオペ

院長の橋村は、世界で最も歴史と実績のあるインプラントメーカーであるノーベルバイオケア社の、数少ない公認インストラクターとして、日本のインプラント治療をリードしています。

実際に橋村が手がけたインプラント症例を多くの歯科医師向けに発表するとともに、治療技術のレクチャーを行っています。


CASE STUDY症例

case #01

事故により左側の1前歯を失った患者様。他院からの紹介を受けて、仮歯を接着した状態で来院。

case #02

前歯3本のメタルボンドのブリッジで、支台歯の根尖病巣がひどく、抜歯を勧められて来院。

case #03

骨が大きく吸収されているため、通常のインプラントだけでは美しく仕上がりません。

その他の症例を見る

01
前歯のインプラント治療では、見た目の良し悪しが患者様の満足度を大きく左右します。しかし、誰が見てもインプラントと分からないほどの自然な美しさを実現するのは、非常に困難です。
02
インプラント治療は、診査・診断・治療計画が全てです。フリーハンドでインプラントを埋入するのではなく、3Dシミュレーションを行い、計画的に間違いの起こらないよう埋入することが肝心です。
03
自分の施した治療の結果を10年、20年と追跡して、そこから学び、日々技術を高めていくために治療前後の症例写真をはじめ、徹底した臨床記録を管理する必要があります。
04
インプラント治療は、行程を短縮して効率化すれば安価に提供することができますが、歯周病の管理、咬み合わせの調整、見た目の美しさなど全てのことを考えれば、決して安売りすることはできません。
05
骨が少ないので、インプラント治療はできません。と言うのは簡単なことです。しかし、全ての患者様にインプラント治療を提供できるように、新しい技術・困難な症例に挑み続けるのは、歯科医師としてのこだわり、プライドの問題です。
06
優れたインプラントクリニックは、歯科技工士を大切にします。歯科医師と技工士のチームワークが成り立って初めて高品質のインプラント治療が可能になります。目に見えている人工歯は技工士の作品なのです。
07
オペ室には高性能なマイクロスコープをはじめ、医科用の全身麻酔システム、麻酔計、クリーンシステムなど安心・安全な手術に必要なあらゆる設備が整っています。また、滅菌室・ラボ・リカバリールームなどにもこだわっています。

 

インプラントの選び方
安心のための取組み

 

Clinic Information医院情報

  • 各線銀座駅 A13出口 徒歩1分30秒
  • 銀座一丁目駅 10・11番出口 徒歩1分
  • 東銀座駅 A2出口 徒歩4分、JR有楽町 中央出口 徒歩6分

前歯のインプラントセンター【All-on-4 Clinic】
〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-12クローバー銀座ビル3F
診療時間 10:00~17:30(最終受付)
休診:日曜・祝日
TEL:0120-845-556